スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | -
    entry_bottom
    念願の丼
    0


      ↑見た目悪いけど(笑)食べたかった山わさび丼〜♪

      いただいたお米と山わさびで美味しくできましたーヽ(≧▽≦)ノシアワセ〜!


      ツーーーーーーーーン!うまうま♪





      奥井みさきの“気ままな休日”第125号


      札幌在住の(いんちき)フリーライター・奥井 みさき Presents
      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      ■ ちょっとは役立つ(かもしれない)、少しは楽しめる情報! ■


       GWも終わり桜も散っていよいよこれから暖かくなるというこの時期に、
       オホーツクの方では国道が雪で通行止めだという。

       さすがにこの時期で雪とは、驚くねぇ。
       
       今年の夏は冷夏だそうですが、そうかもなぁ。

       では今月のコンテンツです。

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      <INDEX>

      01: ふるさと納税で人口が増えた町
      02: 「全国のローカル乳業」、たくさんあります
      03: 先進医療の現状
      04: 編集長から

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        
      ■01:ふるさと納税で人口が増えた町

       自分の好きな自治体に寄付をするふるさと納税。

       各自治体で特典を付けるなどしていることもあり、
       徐々に広がってきました。

       旭川に近い東川町はこのふるさと納税が縁で移住する方が相次ぎ、
       北海道の自治体では珍しくなんと人口が増えたそうです。

       ちなみに05年の人口は7701人、今年4月では7909人。
       わずか200人とはいえ、すごいことです。

       もちろんただ納税者に特典をつけるだけで移住者が増えたわけではなく、
       納税者と交流する機会を作るなどの工夫があってこうなりました。

       当たり前のことですがただ納税してください、特典ありますではなく、
       知恵と工夫で制度を生かすことを考えないといけません。

       地域の資源を生かすためにできることはたくさんありそうですね。

      ■02:「全国のローカル乳業」、たくさんあります

       乳業メーカーといえばどこを思い出しますか?

       代表的なのはメグミルク、明治、森永などのナショナルブランドですが、
       全国には名もなき中小メーカーがたくさんあります。

       それを紹介したのが「全国のローカル乳業」というサイト。
          → http://www.citymilk.net/

       もちろん全国すべての乳業メーカーを網羅してはいませんが、
       それにしてもよくここまで調べ上げたものだと思います。

       さて北海道を見ると11銘柄、そのすべてが現存していません。
       ですが各銘柄を見ると今のメグミルクやよつ葉に続く銘柄もある。

       まさに「歴史あり」ですね。

       さて私は今まで北海道以外に埼玉県、東京都、宮城県に住んでいました。
       その中で思い出すのは埼玉県では「鯨井牛乳」、宮城県では山田乳業。

       このサイトによると両社とも現存しているらしい。
       このご時世ですが、大手に対抗して粘っておるな。

       さて皆様も、お引越しや旅行でローカル乳業を目にしたことがあるかも。
       このサイトで探してみてください。

      ■03:先進医療の現状

       「先進医療」は厚労省の認可を受けた医療機関で受けることができます。
       技術料は健康保険の対象外で、全額自己負担になります。

       これは現在、約100種類の技術が承認されており、
       実施医療機関数は全国で500を超えています。

       代表的な技術には、がんの治療に使われる「陽子線」があります。
       技術料は各医療機関によって違いますが平均で約260万円です。

       先進医療は全額自費なので高額な治療を受けると負担が大きいのですが、
       最近は「医療保険」の特約でカバーされることが多くなりました。

       ではその先進医療の現状はどうなっているのでしょうか?

       まず先進医療費の総額は09年で65億円、12年が100億円と毎年増えています。
       このうち「陽子線」と「重粒子線」の2技術だけで総額の70%ほどを占めます。

       全患者数は年間約1万4千人なので、国民9千人に一人くらいが受けています。
       これは実際に治療を受けた数で、費用などの面で断念した方は含まれていません。
       潜在的な需要はかなりあると思われます。

       実施技術数が一番多いのは「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」で、
       全国285機関で年間4023件実施されています。

       注目の「陽子線」は年間1628件行われており、件数は3年で倍になっています。

       逆に実施件数が少ないのは年間0件で、18技術もあります。
       費用の安い技術は1万円程度のものがいくつかあります。
       かつては技術料0円というものもありました。

       先進医療というと「高い」というイメージがありますが、
       必ずしもそうではないということがわかります。

       「先進医療」のデータを一部簡単に紹介しましたが、
       もっと詳しく知りたい方はお問い合わせください。

      ■04:編集長から
       
       北海道関係の夜行列車全廃が現実味を帯びてきました。
       特急「北斗星」や「カシオペア」、急行「はまなす」などが間もなく…。

       あとは廃止がいつなのか、だけだな。
       廃止前にもう一度「北斗星」に乗りたいのですが、難しそうだなぁ。

       ではまた、来月。



       ☆コチラもごらん下さい☆
       “奥井みさき、旅の記録と徒然日記” → http://blog.goo.ne.jp/okui-m
        ツイッター http://twitter.com/okuimisaki
      - | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        http://dress-yumico.jugem.jp/trackback/1872
        TRACKBACK BOTTOM
        shelf
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        search